Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アシ

アシ (葦)
Phragmites communis
 かつて日本のことを「豊葦原瑞穂の国」と呼んだことからもわかるとおり、アシは水稲とならぶほど、日本人の生活につよく結びついた植物の一つでした。食用とはなりませんが、背が高く、水辺に群生してたくさん集めることのできるアシは、冬のあいだに枯れた茎が刈りとられ、よしずをはじめとした生活用品に利用されてきました。よく知られるように、「悪し」につながるアシの名を避けて、「良し」すなわちヨシとも呼ばれます。最近では、生活雑排水の窒素分を浄化する機能が高いことでも注目されています。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.10.2 神奈川県鎌倉市