Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > サツキヒナノウスツボ

サツキヒナノウスツボ (五月雛の臼壺)
Scrophlaria musashiensis
 サツキヒナノウスツボはヒナノウスツボによく似ているのですが、夏に花をつけるヒナノウスツボに対して、春5月ごろにはやばやと咲くのが大きなちがいで、名前もこれに由来するものです。ゴマノハグサ属のうち「ヒナノウスツボ」とつくものはどれも花のかたちがよく似ていますが、長さ1cmと小さい上に色も茶色と地味で、あまり目につくものではありません。ヒナノウスツボにくらべると分布はせまく、秩父・奥多摩と中央アルプスの東側や伊吹山に離れて分布しています。
■撮影地別
 ○東京都高尾山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1996.5.26 東京都高尾山