Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒナノウスツボ

ヒナノウスツボ (雛の臼壺)
Scrophlaria duplicatoserrata
 日本に分布するゴマノハグサ属についてみると、属を代表するゴマノハグサは花の色は白く、花序は穂状につくなど、じつはそのほかの種類とちょっとようすがちがいます。ヒナノウスツボをはじめとした多くの種類は、花の色やつき方など似たり寄ったりとなっており、これがこの属の基本的なスタイルのようです。名前は花のかたちに由来することはまちがいないのですが、「臼壺」という用語は広辞苑にも見あたらず、ヒナノウスツボの花は「臼のようでもあり、壺のようでもある」ということなのかもしれません。
■撮影地別
 ○静岡県静岡市


クローズアップ

■群落
2009.9.6 静岡県静岡市
             2009.9.6 静岡県静岡市
Before Plant   Next Plant