Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオヒナノウスツボ

オオヒナノウスツボ (大雛の臼壺) Scrophularia kakudensis
 鳳凰三山のスタートとなる夜叉神峠登山口に着いたのは昼前、暑いさなかとあって峠までが一苦労でした。キバナアキギリなどを見ながら登っていくと、ヒナノウスツボの仲間が目に入りました。ヒナノウスツボとオオヒナノウスツボはよく似ているのですが、以前に見たヒナノウスツボより全体に大きいことや、葉をみると、1つ1つの鋸歯にさらに鋸歯のある重鋸歯ではないこと、葉が卵形であることから、オオヒナノウスツボと判断しました。花序は茎の先と葉のつけねに着きますが、花は小さくて目立ちません。 ■撮影地別
 ○山梨県鳳凰三山
 ○東京都高尾山

クローズアップ

■群落
     2006.9.8 山梨県鳳凰三山
 
           2014.8.15 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant