Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > レブンコザクラ

レブンコザクラ (礼文小桜)
Primula modesta var. matsumurae
 レブンコザクラはたくさんの花がつくというのは、図鑑などで知識としてはありましたが、現地で初めて見たレブンコザクラは、本当に数えきれないほどの花が密について、まるでピンク色のボールが茎の先についているようでした。ユキワリソウの変種とされ、国内では北海道に分布しますが、花つきがよいことのほか、葉柄がはっきりしないのが特徴です。礼文島での花期は5月下旬〜6月上旬で、このときはほとんどの花が終わっていましたが、礼文林道ぞいで1株だけ満開のものに出会うことができました。
■撮影地別
 ○北海道礼文島


クローズアップ

■群落
2004.6.18 北海道礼文島
             2004.6.18 北海道礼文島
Before Plant   Next Plant