Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > レブンハナシノブ

レブンハナシノブ (礼文花忍)
Polemonium caeruleum ssp. laxiflorum
f. insulare
 礼文島にはサハリンやシベリアと共通するカラフトハナシノブが分布します。島南部の風の強いところでは、草丈が低くなり、また、花柄が短く先端にまとまって花がついたタイプが見られ、レブンハナシノブと呼ばれています。南アルプスの北岳でミヤマハナシノブを見なれた目からすると、レブンハナシノブは花の色がずっと濃く、中心にある黄色い雄しべがより引き立ちます。同じ時期に咲くチシマフウロと花の色が似ていますが、なれてくると遠目でも微妙な色の違いがわかってきます。
■撮影地別
 ○北海道礼文島


クローズアップ

■群落
2004.6.18 北海道礼文島
             2004.6.18 北海道礼文島
Before Plant   Next Plant