Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオユウガギク

オオユウガギク (大柚香菊)
Aster yomena var. angustifolius
 ヨメナ属とされることの多いヨメナカントウヨメナユウガギク、オオユウガギクの4種類ですが、最近はシオン属に含める考えも示されています。名前からすると、ユウガギクに似ているようですが、むしろオオユウガギクの母種にあたり、分布も重なるヨメナとの区別が重要です。名前のとおり頭花が大きいほか、花のあとに実るそう果の先端の毛が1mmほどとヨメナより長くばらつきがあること、葉の鋸歯が荒いことが特徴で、「日本の野菊」(山と渓谷社)によれば、染色体数では区別できないそうです。
■撮影地別
 ○岡山県哲多町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1995.9.9 岡山県哲多町