Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオトウヒレン

オオトウヒレン (大唐飛廉)
Saussurea nipponica var. robusta
 初めて訪ねた8月の剣山では、色とりどりの高原の花が満開となっていました。構成する植物は同じ時期の本州中部と似ていましたが、一部は近縁の別種などに入れかわっていたのが印象的でした。
 オオトウヒレンもその一つで、セイタカトウヒレンなどに相当するといえそうです。オオトウヒレンは四国に特産し、茎に大きくせり出した「翼」が特徴です。その名の由来は不明ですが、「飛廉」は中国の殷王朝の重臣で秦の始皇帝の先祖に当たる人物の名で、これに由来するものかも知れません。
■撮影地別
 ○徳島県剣山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.8.18 徳島県剣山