Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アサマヒゴタイ

アサマヒゴタイ (浅間平江帯)
Saussurea nipponica var. savatieri
 長野県東部から関東北西部にかけては、3千m級の高山こそありませんが、千m前後から2千m以上の山がつらなり、植物の種類が豊富な地域の一つです。このあたりに分布する代表的なトウヒレンにアサマヒゴタイがあります。この地域には分布域の重なるトウヒレンがいくつかあって注意が必要です。このうち、シラネアザミは葉のかたちが似ているものの、シラネアザミでは総苞が黒っぽくなることが多く、より標高の高いところに生える場合が多いことでだいたいの区別が可能です。
■撮影地別
 ○群馬県藤岡市


クローズアップ

■群落
2005.9.18 群馬県藤岡市
             2005.9.18 群馬県藤岡市
Before Plant   Next Plant