Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オミナエシ

オミナエシ (女郎花)
Patrinia scabiosaefolia
 車山高原スキー場から歩きはじめたこの日の霧ヶ峰散策は、鎌ヶ池キャンプ場あたりで日がさしはじめ、ノコンギクツクバトリカブトを見ながら八島湿原に着いたころには青空が広がっていました。八島ヶ池をめぐる散策路を歩くと、オミナエシが花ざかりとなっていました。オミナエシは秋の七草の一つとして古くから親しまれたきた植物で、高原だけでなく人里周辺にも自生し、秋の彼岸には仏花として供えられるほか、生け花や花束としても広く利用されています。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰
 ○静岡県熱海市

クローズアップ

■群落
1994.9.4 長野県霧ヶ峰
             2004.9.12 静岡県熱海市
Before Plant   Next Plant