Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ナガバシャジン

ナガバシャジン (長葉沙参) Adenophora triphylla var. japonica
f. lancifolia
 四国の渓流ぞいの岩場に生える小型のツリガネニンジンは、葉が細長く「渓流沿い植物」の特徴を持つことから、ナガバシャジンと呼ばれて品種レベルで区別されています。図鑑で紹介されることは少ないものの、その名はいくつかのHPで知っていました。現地で実際に見つかるかどうかはまったく不明でしたが、ナカガワノギクを撮影しながら移動していたところ、岩のすきまに咲くナガバシャジンに出会えました。思っていた以上に小さく、丸っこい花冠は小さな紫色の鈴のようでした。 ■撮影地別
 ○徳島県鷲敷町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      2004.11.15 徳島県鷲敷町