Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マルバノハマシャジン

マルバノハマシャジン (丸葉の浜沙参)
Adenophora triphylla var. japonica
f. rotundifolia
 三浦半島には波にけずられてできた海食崖が発達しているところがあり、一部は斜面の草地となって海岸に特有の植物が多くみられます。このときは崖を下る散策路ぞいでマルバノハマシャジンが見つかりました。ツリガネニンジンは生育環境の幅が広く、数も多いだけに多くの変異がありますが、房総・三浦半島や伊豆諸島などから報告されている海岸生の変種にハマシャジンがあります。広楕円形の葉を輪生するものはマルバノハマシャジンと呼ばれ、ハマシャジンと同様、葉に光沢があります。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市


クローズアップ

■群落
2011.9.11 神奈川県三浦市
2016..10.2 神奈川県三浦市
Before Plant   Next Plant