Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマシオガマ

ミヤマシオガマ (深山塩竃)
Pedicularis verticillata
 ミヤマシオガマは花の色や生育環境がタカネシオガマによく似ていますが、よくみると花冠の上部がくちばしのようにのびていることや、葉がより細かく切れこむ点でタカネシオガマと異なることがわかります。東北地方や中央アルプス、八ヶ岳で見かけることが多いのはミヤマシオガマですが、北アルプスではタカネシオガマが多いように感じます。両種はあるていど山域によってすみわけているのかも知れません。タカネシオガマと違って日本だけに分布する固有種です。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


クローズアップ

■群落
2004.7.4 山梨県北岳
             2005.8.13 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant