Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾシオガマ

エゾシオガマ (蝦夷塩竃)
Pediculasis yezoensis
 木曽駒ヶ岳の山頂まで足をのばしたあと、ロープウェイの時間待ちをかねて千畳敷を散策しました。下部は道もゆるやかでゆっくりと植物を観察できます。湿った草地ではエゾシオガマが群生し、今がさかりと花をつけていました。シオガマギク属には高山に分布するものがいくつかありますが、クリーム色の花はエゾシオガマだけなので迷うことはありません。普通は高さ50cmほどですが、半寄生性の植物らしく栄養状態によって幅があり、ときには1m以上の高さに生長したものを見ることもあります。
■撮影地別
 ○長野県木曽駒ヶ岳
 ○秋田県秋田駒ヶ岳
 ○岩手県早池峰山

クローズアップ

■群落
1999.8.8 長野県木曽駒ヶ岳
           2005.8.16 秋田県秋田駒ヶ岳 2005.8.17 岩手県早池峰山
Before Plant   Next Plant