Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマシャジン

ミヤマシャジン (深山沙参) Adenphora nikoensis var. stenophylla
 ミヤマシャジンはヒメシャジンに近縁で、萼に鋸歯がない点で区別されますが、全体のようすはよく似ていて一見しただけでは区別は難しいようです。これまで観察したかぎりでは、至仏山、火打山など日本海側に近い山にはヒメシャジンが分布することが多く、富士山や南アルプスなどの太平洋側の山ではミヤマシャジンを見かけました。このように分布で判断するのが早道のようです。富士山では大沢くずれと呼ばれる崩壊地で、北岳では大樺沢から山頂にかけての草地でそれぞれ見られます。 ■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      2003.9.11 山梨県北岳