Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミョウギシャジン

ミョウギシャジン (妙義沙参)
Adenphora nikoensis var. petrophila
 この日は午前中に高峰高原に寄ったあと、妙義山に登ってミョウギシャジンを観察しました。ミョウギシャジンは妙義山に特産し、高峰高原でちょうど満開となっていたヒメシャジンの変種に当たります。どちらも岩場を主なすみかとしますが、ミョウギシャジンの場合は、岩壁に垂れさがって生えているものも見かけます。ヒメシャジンの葉は茎にたがいちがいについて互生するものが多いのに対し、ミョウギシャジンでは葉が細めなうえに、3枚の葉が茎の同じところにつく輪生となっているのが特徴です。
■撮影地別
 ○群馬県妙義山


クローズアップ

■群落
2007.8.4 群馬県妙義山
             2007.8.4 群馬県妙義山
Before Plant   Next Plant