Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マルバノイチヤクソウ

マルバノイチヤクソウ (丸葉の一薬草)
Pyrola nephrophylla
 富士山のお中道はイチヤクソウの仲間が豊富で、コイチヤクソウベニバナイチヤクソウも現れます。富士山は土壌の養分が少ないのですが、従属的に栄養をとることのできるこの仲間にとっては好適かも知れません。マルバノイチヤクソウは花茎が赤っぽいことと、萼片の先がとがっていることで、コバノイチヤクソウジンヨウイチヤクソウと区別が可能です。亜高山帯のイチヤクソウとしては分布は南に広がっており、九州まで知られています。高さは15〜20cmほどになり、夏に白い花を5〜10個つけます。
■撮影地別
 ○山梨県富士山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1996.8.17 山梨県富士山