Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コバノイチヤクソウ

コバノイチヤクソウ (小葉の一薬草)
Pyrola alpina
 イチヤクソウの仲間には深山に生えるものが多く、このうち比較的明るい樹林下や草地に生えるベニバナイチヤクソウをのぞけば、うす暗い針葉樹の林床を主な生育環境とするものが多いようです。コバノイチヤクソウもその一つで、同じようなところに生えるジンヨウイチヤクソウとは葉の形や丸いことや、斑が入らないことで区別できます。8月下旬、妙高連峰の火打山に登ると、ブナ帯を過ぎ、登山道がオオシラビソの樹林下を進むようになったあたりで、林床一面に群生するコバノイチヤクソウが現れました。
■撮影地別
 ○新潟県火打山
 ○長野県八ヶ岳

クローズアップ

■群落
2002.8.31 新潟県火打山
             2014.7.13 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant