Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マルバコゴメグサ

マルバコゴメグサ (丸葉小米草)
Euphrasia iinsignis ssp. insignis
var. nummularia
 ミヤマコゴメグサにはいくつかの変種がありますが、マルバコゴメグサは飯豊山地に固有の変種で、葉が丸っこくて、葉のつけねがミヤマコゴメグサのようにくさび形にならず、丸くなるほか、鋸歯があまりとがらないのが区別点です。飯豊山地にはミヤマコゴメグサも分布するので注意が必要です。稜線の砂礫地や草地に多く、写真のような群生もみられます。マルバコゴメグサは、雪融け後にいっせいに芽を出してこのようにマット状に広がるのですから、そのパワーにはおどろかされます。
■撮影地別
 ○新潟県飯豊山地


■クローズアップ

群落
2009.8.9 新潟県飯豊山地
             2009.8.9 新潟県飯豊山地
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「マルバコゴメグサ」