Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イブキコゴメグサ

イブキコゴメグサ (伊吹小米草)
Euphrasia insigns ssp. iinumae
 種としてのミヤマコゴメグサのうち、低山に分布するものの一部は亜種レベルで分けられ、さらに形態的な特徴からいくつかの変種に分類されます。イブキコゴメグサはこのうち、伊吹山と関ヶ原をはさんで南側にある霊仙山の2ヶ所に特産する種類で、いずれも石灰岩でできた山です。葉の鋸歯や萼の先端があまりとがらないのが特徴ですが、伊吹山にはイブキコゴメグサしかないので迷うことはありません。百花繚乱となった夏の伊吹山では、石灰岩が崩れてできた裸地などでひっそりと咲いています。
■撮影地別
 ○滋賀県伊吹山


クローズアップ

■群落
2007.8.24 滋賀県伊吹山
             2007.8.24 滋賀県伊吹山
Before Plant   Next Plant