Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマコゴメグサ

ミヤマコゴメグサ (深山小米草)
Euphrasia iinsignis ssp. insignis
var. insignis
 コゴメグサの仲間は草地や砂礫地に生える1年草で、光合成を行うほか、他の植物から栄養を吸収して生長する半寄生性の植物です。ミヤマコゴメグサは亜高山帯から高山帯にかけて生える代表的なコゴメグサで、亜高山帯に生えるものは高さ15cmほどになりますが、高山帯の風衝地ではその半分程度に矮小化します。本州中部の日本海側に広く分布し、8月ごろに北アルプスや両白山地に登ると普通にみかけるミヤマコゴメグサですが、一部ではトガクシコゴメグサなどの変種も知られています。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 ○新潟県飯豊山地
 ○山形県月山

クローズアップ

群落
1993.8.12 長野県白馬岳
             2009.8.8 新潟県飯豊山地 2008.8.16 山形県月山
Before Plant   Next Plant