Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クサヤツデ

クサヤツデ (草八手)
Diaspananthus uniflorus
 クサヤツデは、本州の神奈川県以西の太平洋側と四国・九州に分布するといいますが、神奈川県〜東海では目にしたことがなく、図鑑に載る写真も四国だったりして、西日本に多い植物だろうと思い、見る機会がないままでした。そのためか、多良岳で突然現れたときはすぐに名前が出ず、ヤツデに似た葉の形からようやく頭に浮かびました。いちばんの特徴は、キク科ではめずらしい、小花が1つしかない頭花で、花冠の先端がくるっとリボンのようにねじれて花序にいくつも並びます。
■撮影地別
 ○長崎県多良岳


クローズアップ

■群落
2017.9.23 長崎県多良岳
2017.9.23 長崎県多良岳
Before Plant   Next Plant