Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤツデ

ヤツデ (八手)
Fatsia japonica
 野生のヤツデは海岸林の林床で見ることが多く、うっそうと茂る常緑樹のかげになった、日当たりの悪いところでもよく育ちます。家の北側やトイレ隠しに植えられるのも、この性質をうまく利用したものといえます。葉は名前のように8つに裂けるものはなく、7、9、11と奇数裂するものばかりです。ヤツデの場合、大きく葉が切れこんでわかりにくいのですが、本来、葉の葉脈には真ん中をつらぬく主脈があり、その他に側脈が放射状にのびているため、偶数裂するものはないということのようです。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


クローズアップ

■群落
2008.11.23 神奈川県横須賀市
     2008.11.23 神奈川県横須賀市   
Before Plant   Next Plant