Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クサノオウバノギク

クサノオウバノギク (草の黄葉野菊)
Youngia chelidoniifolia
 クサノオウバノギクは、関東〜近畿地方と四国の深山の林下で見られる多年草です。もっぱら苔むした岩上に生えるらしく、地表では見たことがありません。黄色い花など全体のふんいきはヤクシソウに似ますが、高さは30cm前後、茎も葉もほっそりとしてずっと繊細な印象です。葉は羽状に深く切れこみ、そのようすがケシ科のクサノオウの葉に似ていることからこの名前があります。花期に目にする機会がないままでしたが、ここならと足を向けた山域であっさり現れ、拍子抜けしました。
■撮影地別
 ○山梨県大月市


クローズアップ

■群落
2016.10.16 山梨県大月市
2016.10.16 山梨県大月市 2016.10.16 山梨県大月市
Before Plant   Next Plant 2016.10.16 山梨県大月市