Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤクシソウ

ヤクシソウ (薬師草)
Youngia denticulata
 秋の野山を歩くと、崩壊地や道路の法面など、地表がまだ安定していないところでよくみられる植物にヤクシソウがあります。枝はよく分枝し、黄色の小さな花がたくさん集まった頭花をいくつもつけますが、花が重いのか枝が細いのか、いつ見てもしなだれたように咲き、他の植物に寄りかかっていることも多いようです。この日、鹿児島県西部の野間岬の先端にある風力発電所への登り道を進んでいくと、岩が露出した崖では、斜面にはりつくようにヤクシソウが咲いていました。
■撮影地別
 ○鹿児島県笠沙町
 ○神奈川県藤沢市

クローズアップ

■群落
2002.12.8 鹿児島県笠沙町
           2006.10.22 神奈川県藤沢市
Before Plant   Next Plant