Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イワツツジ

イワツツジ (岩躑躅)
Vaccinium praestans
 礼文林道を南に向かって歩いていくと、道路ぞいの岩場に生えるイワツツジの丸い葉が目に入りました。葉のつけねには薄桃色の小さな鐘形の花がついています。地下茎でひろがるため群落になることが多いようです。本州の高山でもめずらしい植物ではないと思うのですが、あまり見た記憶がありませんでした。この場所では一面に群生し、よく見ると早くも果実がいくつかふくらみはじめていました。ブルーベリーの仲間で、果実は成熟すると赤くなり、食べることができます。
■撮影地別
 ○北海道礼文島
 ○北海道暑寒別岳

クローズアップ

■群落
2004.6.18 北海道礼文島
            2006.7.9 北海道暑寒別岳
Before Plant   Next Plant