Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キタヨツバシオガマ

キタヨツバシオガマ (北四葉塩釜)
Pedicularis chamissonis
var. hokkaidoensis
 東北地方北部から北海道にかけて分布するヨツバシオガマは、本州中部のものより大型で、花の数も多く、茎に毛が生えることなどから、キタヨツバシオガマとして区別されます。ヨツバシオガマは高山植物の中でも花期は早いほうだと思うのですが、雪解けが遅いところや日当たりが悪いところでは大幅に花期がずれることがあり、8月下旬にようやく満開となるものも見かけます。大雪山では、沼ノ原をぬけて白雲岳へと向かう途中、登山道からひょっこり顔を出したキタヨツバシオガマに出会いました。
■撮影地別
 ○北海道大雪山
 ○岩手県早池峰山
 ○山形県鳥海山

クローズアップ

■群落
1996.8.2 北海道大雪山
           2005.8.17 岩手県早池峰山 1994.7.9 山形県鳥海山
Before Plant   Next Plant