Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キソキバナアキギリ

キソキバナアキギリ (木曽黄花秋桐)
Salvia nipponica var. kisoensis
 長野県は南北に長く、山々で区切られた伊那谷、木曽谷、諏訪平、善光寺平などの多くのエリアがあって、自然環境が多様なせいか、ある地域だけから知られる植物が多いように思えます。シナノショウキランもそうですし、キソキバナアキギリもその1つです。1990年にキバナアキギリの変種として新たに発表されたもので、秋ではなく初夏である6月に咲くという特徴があります。数年ごしでようやく見る機会を得たキソキバナアキギリは、第一印象として母種よりひとまわり大きいと感じました。
■撮影地別
 ○長野県大桑村


クローズアップ

群落
2011.6.26 長野県大桑村
            2011.6.26 長野県大桑村 2011.6.26 長野県大桑村
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「キソキバナアキギリ」