Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キセワタ

キセワタ (着せ綿)
Leonurus macranthus
 人里でも目にする同属のメハジキとちがい、キセワタは山地の草原に生え、分布こそ全国に及ぶものの、見かける機会はそう多くありません。キキョウヒメヒゴタイと同じく、生育には日当たりのよい草地が欠かせないのでしょう、草地の維持管理がされなくなると衰退してしまいます。高さは1mほどとメハジキと同じくらいですが、葉のつけねに数個ずつつく花はずっと大きく長さ2.5〜3cmになります。花には毛が多く、これを綿を着せたようすにたとえた名前とのことですが、ちょっと強引な気がします。
■撮影地別
 ○山梨県


クローズアップ

■群落
2012.9.3 山梨県
                  2012.9.3 山梨県
Before Plant   Next Plant