Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメヒゴタイ

ヒメヒゴタイ (姫平江帯)
Saussurea pulchella
 ヒメヒゴタイは日当たりのよい草地に生えるトウヒレンで、このような環境であれば、海岸近くから高原まで出現します。ただ、分布こそ北海道〜九州と広いものの、どこでも数は少なく、なかなか目にする機会がありません。高さ1m前後になり、9〜10月に散形状にきれいにならんだ頭花をたくさんつけます。写真でもわかるように、頭花の総苞片の先端にある付属体が紅紫色になる特徴があり、まだつぼみなのに、まるで咲いているように見えます。花が満開となるころに付属体はしおれはじめます。
■撮影地別
 ○山梨県甲州市
 ○山梨県甲州市(蕾)

クローズアップ

■群落
2011.9.11 山梨県甲州市
            2011.9.11 山梨県甲州市 2011.9.11 山梨県甲州市
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ヒメヒゴタイ」
“特選”Photo Gallery「ヒメヒゴタイ」