Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イスミスズカケ

イスミスズカケ (夷隅鈴懸)
Veronicastrum noguchii
 イスミスズカケは2013年に発表されたばかりの新種で、千葉県の一部から知られています。2009年に発見された当初はスズカケソウと思われていましたが、葉の基部がスズカケソウとちがって心形になるなどの形態面や、DNA分析の結果などから新種とわかりました。「夷隅」とはあまり聞きなれない地名ですが、千葉県南部の太平洋側に位置する郡名で、古くからこのあたりはこの名前で呼ばれていたようです。山奥ともいえないこの地域で、人知れず世代をつないできたことに驚かされます。
■撮影地別
 ○千葉県


クローズアップ

■群落
2013.7.7 千葉県
              2013.7.7 千葉県 2013.7.7 千葉県
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「イスミスズカケ」
“特選”Photo Gallery「イスミスズカケ」