Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キノクニスズカケ

キノクニスズカケ (紀伊国鈴懸)
Veronicastrum tagawae
 クガイソウ属には、直立せずに弓なりに先端がたれ下がって生え、葉のつけねから花序をのばすグループとして、スズカケソウをはじめ数種類が知られています。このうち、キノクニスズカケはその名が示すとおり、紀伊半島の特産種でうす暗いスギ林などの樹林下に生え、8〜9月に白い花をつけます。図鑑などで紹介されることは少なく、十分な情報もないままの訪問となりましたが、なんとか見つけることができました。ただ残念なことに花はほとんど終わっていて、わずかに咲き残っていただけでした。
■撮影地別
 ○和歌山県


クローズアップ

■群落
2008.10.5 和歌山県
            2008.10.5 和歌山県              
Before Plant   Next Plant