Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメタムラソウ

ヒメタムラソウ (姫田村草)
Salvia pygmaea
 南西諸島からは、原生林の渓流をすみかとする一群の植物が知られています。多くの科にわたりますが、植物体が全体に小型であるなどの共通性がみられます。ヒメタムラソウの場合も、本州で目にすることの多いアキノタムラソウに比べるとはるかに小さく、高さは10〜20cmしかありません。渓流の苔むした岩に着生することが多く、花がついていなくとも、細かく切れこんだ独特の葉ですぐにそれとわかります。本来の花期は秋なのでしょうが、3月になってもまだ咲いているものがありました。
■撮影地別
 ○沖縄県


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.3.18 沖縄県