Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメイワカガミ

ヒメイワカガミ (姫岩鏡)
Schizocodon ilicifolius
 ヒメイワカガミは低山から高山にかけての岩場や砂礫地に生える常緑の植物です。近縁のイワカガミに比べると葉の鋸歯が少なく、上から見ると亀甲模様のように見えます。全体の大きさはやようすはむしろ高山型のコイワカガミに似ています。花の色は白ですが、箱根には火山礫地に生え、花が濃紅色のものがあってベニバナヒメイワカガミと呼ばれています。秋田駒ヶ岳では、8合目登山口から阿弥陀池に向かって歩いていくと、登山道ぞいに咲くヒメイワカガミを見ることができます。
■撮影地別
 ○秋田県秋田駒ヶ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1995.6.24 秋田県秋田駒ヶ岳