Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハンカイシオガマ

ハンカイシオガマ (樊會塩竃)
Pedicularis gloriosa
 晩夏から初秋のころ、奥多摩や丹沢・箱根の低山を歩くと、明るい林縁などでハンカイシオガマが紅紫色の花をつけているのをよく見かけます。同じような環境に生えるシオガマギク属の植物が他に見あたらないことや、細かく切れこんだ大きな葉などから、ハンカイシオガマとすぐにわかるのですが、花茎がだらしなく垂れさがっているものが多く、なかなか写真になりません。関東〜東海地方に分布し、名前は大きなものでは1m近くにもなることから、ハンカイソウと同じく樊會に例えたものです。
■撮影地別
 ○静岡県
 ○神奈川県丹沢

クローズアップ

■群落
2007.9.16 静岡県
             2004.9.16 神奈川県丹沢
Before Plant   Next Plant