Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オニシオガマ

オニシオガマ (鬼塩竃)
Pedicularis nipponica
 オニシオガマについては、おわりかけの花を尾瀬ヶ原で見たことがあるばかりで、なかなかカメラにおさめる機会がありませんでした。栂池自然園あたりにあることは、7月に白馬岳に登ったときに確認していたので、この年、夏山のピークは過ぎていたものの、ようやくその地を訪ねることができました。東北〜北陸地方の日本海側に分布し、高層湿原のほか、湿りけのある草地にも生えます。その名の由来は、草丈が高く、葉も大きいなど全体に豪壮なつくりで、大きな花を多くつけることによるのでしょう。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳


クローズアップ

■群落
2010.8.26 長野県白馬岳
             2010.8.26 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant