Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ (白山石楠花)
Rhododendron brachycarpum
 6〜7月初めごろに本州中部の高山に登ると、数種類のシャクナゲを見ることができます。登山口あたりではホンシャクナゲやアズマシャクナゲが咲き、亜高山帯の針葉樹林まで登るとハクサンシャクナゲがあらわれます。ハイマツが生える稜線の主役はキバナシャクナゲですが、ハクサンシャクナゲもときに見られます。ハクサンシャクナゲは北海道から本州中部にかけてと四国の石鎚山に分布し、花はピンクがかったものから、ほぼ白に近いものまではばひろい色があります。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山


クローズアップ

■群落
2011.7.24 群馬県至仏山
             1995.7.8 群馬県至仏山
Before Plant   Next Plant