Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エダウチタニギキョウ

エダウチタニギキョウ (枝打谷桔梗)
Peracarpa carnosa var. kiusiana
 転居後早々に「長崎県植物誌」に目を通していたところ、タニギキョウの変種の1つで、福岡県〜鹿児島県の九州西部に分布し、長崎県ではとくに個体数が多いというエダウチタニギキョウに気づきました。長崎半島の山地にあるということで八郎岳に登ったもののなかなか現れず、山頂を過ぎ、半ば下ったところでようやく見つかりました。全体に大型で、茎が根元からさかんに枝分かれしてほふくしたようになるのが特徴で、写真でもそのようすがよくわかります。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市


■クローズアップ

群落
2017.4.29 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant 2017.4.29 長崎県長崎市