Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タニギキョウ

タニギキョウ (谷桔梗)
Peracarpa carnosa var. circaeoides
 タニギキョウは山地の木陰に生える高さ10cmほどの小さな多年草で、花の大きさも1cmほどと、「キキョウ」の名はついていますが、ずっと繊細な印象です。その一方で、奥多摩などの低山から尾瀬のような深山まで生育する環境は広く、群生すると緑のじゅうたんに白い星をちりばめたように花をつけます。この日、武奈ヶ岳の山頂を過ぎ、谷沿いの登山道を下っていくと、まだ芽吹いたばかりの樹林下では、春の木漏れ日をあびてタニギキョウが花を広げているのに出会いました。
■撮影地別
 ○静岡県富士山
 ○神奈川県葉山町
 ○滋賀県武奈ヶ岳

クローズアップ

群落
2005.5.28 静岡県富士山
         2005.5.4 神奈川県葉山町    2002.5.25 滋賀県武奈ヶ岳
Before Plant   Next Plant