Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > チシマヒョウタンボク

チシマヒョウタンボク (千島瓢箪木)
Lonicera chamissoi
 タニウツギに代表されるように、スイカズラ科には高山を主なすみかとするものがけっこうありますが、チシマヒョウタンボクの場合、高さはせいぜい人の背丈くらい、赤よりも濃い花の色とあわせ、もっとも高山植物らしいものの一つといえます。やはり亜高山から高山にかけて生えるベニバナイチゴもこんな色の花をしており、なにか共通する理由でもあるのでしょうか。黄色い5つの雄しべがワンポイントとなっています。分布の本拠は北東アジアにあり、日本では北海道から本州中部にかけてみられます。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳

 
クローズアップ

■群落
2006.7.8 北海道夕張岳
2006.7.8 北海道夕張岳
Before Plant   Next Plant