Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ウグイスカグラ

ウグイスカグラ (鶯神楽)
Lonicera gracilipes var. glabra
 スイカズラ属の木本は、どちらかといえば山深いところに生えるものが多いなか、ウグイスカグラは例外といえ、平地や丘陵の明るい林でよく目にする種類です。高さ2mほどになり、4〜5月ごろ、長さ1〜2cmの淡紅色の花を咲かせます。花後には直径1.5cmほどの真っ赤な果実がなり、食べることができます。鎌倉市内には丘陵が多く、ハイキングコースが多く整備されていますが、買い物ついでに、以前、カンアオイを撮影した丘陵に寄ってみると、尾根すじではウグイスカグラが咲きだしていました。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市

 
クローズアップ

■群落
2010.4.10 神奈川県鎌倉市
           2010.4.10 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant