Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キダチニンドウ

キダチニンドウ (木立忍冬)
Lonicera hypoglauca
 キダチニンドウはスイカズラと同じくつる性木本で、「忍冬」はスイカズラの別名だけあって両種はよく似ています。咲きはじめは白く、次第に黄色くなっていくのも同じですが、キダチニンドウのほうが花冠が深くくるっと巻きこむほか、雌雄ずいが長く、花のつけねにつく苞は、スイカズラのような葉状でなく被針形なのがちがいです。葉先がとがるのもキダチニンドウの特徴で、葉裏には腺点がめだちます。本州の一部(静岡、広島)と四国・九州以西に分布します。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市

 
クローズアップ

■群落
2017.5.28 長崎県長崎市
2017.5.28 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant