Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > チシマギキョウ

チシマギキョウ (千島桔梗)
Campanula lasiocarpa
 チシマギキョウとイワギキョウは、ともに本州中部と北海道の高山に分布するホタルブクロの仲間で、生育環境も岩場の隙間や砂礫地で共通しています。よく似ていますが、チシマギキョウの花の色はイワギキョウに比べ紫がかっており、また、上向きに咲くイワギキョウに対してチシマギキョウは横向きに咲くことや、花冠の先端に毛が生えることから、慣れてくれば遠くからもすぐにどちらかわかるようになります。八ヶ岳のチシマギキョウは花冠が開かず、閉じたままという特徴があります。
■撮影地別
 ○山梨県北岳
 ○北海道大雪山
 ○長野県八ヶ岳

■クローズアップ

群落
1995.8.22 山梨県北岳
             1996.8.3 北海道大雪山 2010.8.1 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant