Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アサギリソウ

アサギリソウ (朝霧草) Artemisia schmidtiana
 標準タイプのイワギクを求めて訪ねた白山周辺では、アサギリソウが岩の斜面のところどころで風にゆれていました。植物体全体に白い毛が密生し、日を受けると銀白色にかがやいて見えます。優雅な印象のあるその名前も、朝霧でついた水滴を葉にしたたらせるようすからついたのかもしれません。キタダケヨモギに似ていますが、頭花は直径5mmと小さく、花序が枝分かれするところが違います。北海道から中部地方にかけての山地〜高山の岩場に生えるほか、千島列島やサハリンまで分布します。 ■撮影地別
 ○石川県白山市


クローズアップ

■群落
     2007.10.13 石川県白山市
 
            2007.10.13 石川県白山市
Before Plant   Next Plant