Home > 表紙によせて > 表紙によせて(2015.5〜2015.7)



  表紙によせて
 植物の写真を撮りはじめてから20年あまりが過ぎ、数年前にようやくデジタル一眼レフカメラに移行しましたが、それまでに撮りためたリバーサルフィルムには、ゴミがついたり色が褪せてきたものもあったりして、そろそろ撮りなおしが必要な植物が増えてきています。

 群馬県東部にある鳴神山は、スミレの名山として知られており、4月中〜下旬に登山道を歩けば、この山の名前を冠したナルカミスミレをはじめ、さまざまなスミレを見ることができます。調べてみると、前にこの時期に鳴神山に登ったのはもう19年前のこと、ひととおり撮り直してやろうと久しぶりに出かけてみることにしました。

 選んだルートは、山の西側の駒形登山口から山頂をめざし、赤柴登山口に下る周回コース。ナルカミスミレも早々に現れ、幸先いいなと思いながら登っていくと、未見だったオオヤマカタバミが咲きだしていて、気をよくしながら足を進めることができました。

 山頂に近づくにつれて、明るいピンク色の花が稜線のこずえにチラチラと目につき、アカヤシオはちょうど見ごろらしいと期待が高まります。ひと登りしてたどりついた山頂はせまいながらも四方を見わたせる好展望、はるか北には日光の男体山も望め、これらの山々を背景にアカヤシオが咲き競っていました。

      (2015.4.19 群馬県鳴神山)

○野生植物写真館「アカヤシオ」
「表紙によせて」バックナンバー