Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ササバギンラン

ササバギンラン (笹葉銀蘭)
Cephalanthera longibracteata
 ササバギンランはキンランギンランのちょうど中間くらいの高さ、武蔵野ではこれら3種が同じところで見られます。ギンランよりもやや涼しいところを好むようで、深山と言えるような山奥で見かけることもあります。生長のよいギンランは、一見するとササバギンランと似ていますが、上部の葉も長いことや、葉や茎に毛があることで区別できます。花はギンランより大きめで、花被片がほとんど閉じているギンランと違って、いくぶん開きぎみになるのも特徴です。
■撮影地別
 ○東京都府中市
 ○東京都町田市

クローズアップ

■群落
1996.5.11 東京都府中市
           2016.4.30 東京都町田市
Before Plant   Next Plant