Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ (大葉蛇の髭)
Ophiopogon planiscapus
 夏の高尾山は木が生いしげってうす暗くなり、花を咲かせる植物は少なくなります。オオバジャノヒゲはこのころに咲くものの一つで、樹林下でめだたずに白い花をつけます。常緑の葉は一見するとヤブランに似ていますが、葉のふちがざらざらすることで区別できます。ジャノヒゲに比べると葉の幅は広いので、正確に言えば、「大葉」というよりも「広葉」といったところでしょうか。秋には光沢のある群青色の種子をたくさん実らせます。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○群馬県妙義山

クローズアップ

■群落
2000.7.9 東京都高尾山
           2007.8.4 群馬県妙義山
Before Plant   Next Plant