Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ジャノヒゲ

ジャノヒゲ (蛇の髭)
Ophiopogon japonicus
 「蛇の髭」という名前を見れば、細長い葉をひげにたとえたものだろうとはわかるのですが、考えてみればヘビにひげはなく、ひげがあるのは想像上の生き物の竜です。きっとどこかで混同があったのでしょう。低山や丘陵の林床に生え、匐枝でふえて群生します。夏に花茎を出して長さ4mmほどの小さな花を下向きに咲かせ、秋にはコバルトブルーの種子をつけます。種子は花柄からなかなか離れないらしく、春先になってもまだ、たくさんの種子を株もとにつけたジャノヒゲを目にすることができます。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市
 ○東京都高尾山(果実期)


■クローズアップ

■群落
2011.7.2 神奈川県三浦市
           2006.3.21 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant