Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オヒシバ

オヒシバ (雄日芝)
Eleusine indica
 オヒシバもまた、わたしにとっては草むしりを連想させる植物の1つです。畑の片隅や通路わきなどに生える1年草で、鎌を使えば簡単に取れますが、また次の年にはこぼれた種から発芽して繁茂するので、どうにもいたちごっことなってしまいます。株もとは放射状に広がり、茎は平べったくなっていて、踏みつけにも耐えられるようなかたちをしています。たくましく繁茂することからメヒシバと対比させて「雄」、シバに似て、日当たりのよいところに生えるので「日芝」とそれぞれついたものです。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.26 神奈川県横浜市