Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オギ

オギ (荻)
Miscanthus sacchariflorus
 いろいろ聞いてみると、一般にはオギとハギのちがいすら、あまり認識されていないらしく、たしかに「荻原」と「萩原」では、「けものへん」・「のぎへん」とちがうものの、ときどきまちがって使われています。オギは、名前だけ似ているマメ科のハギよりも、同じイネ科のススキと似ていて、遠目にはわかりにくいのですが、ススキのように株立ちとならず、根茎で横に広がって生えることや、川や沼などの水辺をすみかとすることで区別できます。花穂もススキにくらべると大きめで、枝が密につく特徴があります。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.10.2 神奈川県鎌倉市